Nori's Therapy Roomのブログ | 身体と心の問題解決ならNori's Therapy Roomにお任せ下さい

Nori's Therapy Room
24時間メール予約受付
あなたが心身共に健やかに太陽に向かって成長されますように
ブログ
2019年06月12日 [イシリス温熱パック療法]

イシリス温熱パック療法A

こんにちは。
身体と心のセラピストNorikoです。

先日久しぶりに山手線を利用したのですが
車両のデザインが
スシ◯ーになっていて
さすが令和の時代だな〜と
感心しちゃった今日この頃
皆さまいかがお過ごしでしょうか?


さてさて前回は

「イシリス温熱パック療法とは?」

について書かせていただきました。
この温熱パックは3つの特徴によって
成り立っていると書きましたが
この3つの特徴をひとつずつ
お話していきたいと思います。

今日はひとつ目である

「身体を温める」

というコトについて。

今また第二のヘソ出しコーデが
流行っているようですね。

crop top丈の短いトップスを着ると
ウェストが細く見えますし
背が高く見えたりと
なんとも魅力的な要素てんこ盛りで
あと30年若ければ
挑戦してみたかったファッションです…

そんな素敵なスタイルですけれど

「お腹を冷やしちゃいけないよ〜」
「腹出すと風邪ひいちゃうよ〜」

と一瞬でも思った方は多いと思います。


「冷えは万病の元」

「冷えは女性の大敵」


とよく耳にしますが
「身体が冷える」と何が良くないのでしょうか?

実は
身体が冷える=体温が低くなる と

・内臓の働きが低下
・血液の流れが悪くなる
・免疫力が下がる
・身体のこわばりや痺れが起きる

といったような症状が起きて
くるんですね〜。

特に腹部には
身体を司る大事が臓器が集まっていますので
ココを冷やしてしまうと大変なコトになるって
訳だったんですね。

ですから
生命維持のためには
体温を上げているコトが大切だと言えます。

それからもうひとつ
身体を温めるコトによってスゴい効果が
あるんです。

「HSP」(ヒートショックプロテイン)という
タンパク質があるのをご存知でしたか?

1962年にイタリアの遺伝学者
Ferruccio Ritossaによって発見された
この「ヒートショックプロティン」は
「熱」という衝撃によって体内で作られ

・細胞を守る
・コラーゲンを作る助けとなる
・身体を錆びさせない


などの効果を発揮する優れモノなのです。

ストレスなどによって傷ついた
あなたの身体の細胞を修復・再生するという
「HSP」の性質を活かした温熱療法は
あなたを健康へと導いてくれるでしょう。

日本で昔から
湯船に浸かったり
温泉に入ったり…といった
身体を温める習慣・文化があったのは
理にかなっていたのですね!

ちなみに
40℃〜42℃のお湯が良いそうで
シャワーを浴びるだけでは
体温を上げるには難しく
HSPは増加しないようです。

これからは
身体を温めるコトに少し意識して
過ごしてみると
何か良い変化があるかも知れませんね!

…つづく。


今日も読んでくださり
どうもありがとうございました。



お猿オイラもHSPチャージ中〜♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop